ひねもすのたり。

日々と山と猫と蕎麦屋のこと。

山の形。

またその話かよ!とうんざりされてしまいそうですが…今日も南アルプスのことを考えていた私。

「そういえば9年前に烏帽子から小河内岳へ向かった時も片側が崖になっていて怖い思いをしたなぁ…」とぼんやりと思い、どの辺だったっけ?と過去の写真を漁ってみました。

f:id:hinemosk:20211013194153j:plain

↑2012年8月。確かこの辺だったはず。

 

f:id:hinemosk:20211013194156j:plain

そうそう、ここだ。ザレザレの斜面だったから気を抜くと奈落の底まで吸い込まれそうで、行きも帰りも緊張したっけ。でもあんまりここの話って聞かないなぁ。最近はどうなっているんだろう…

と思って今年9月に烏帽子まで行った時の写真を眺めてみると、

f:id:hinemosk:20211013194158j:plain

↑2021年9月。

ああ、ここだ… あれ??

 

f:id:hinemosk:20211013194315j:plain

あ、登山道が内側に変わってる!!※黄色で描いた線が過去の登山道

そうか…当時も怖かったけどいよいよあそこは通れなくなってしまったんだなぁ。上からの写真を見る限りこれなら怖くなさそうだわ(この時は烏帽子山頂のすぐ先までしか行かなかったのでこの場所は通らなかったのです)。

ほんの数十メートルのことだけど、数年間で山の形が変わっていくことを実感して少しゾッとしてしまいました。

…とはいえ私たち一般ハイカーはただ歩くことだけ考えていればいいけど、山小屋関係者さんや山の管理・整備に関わる方々にとっては大変な問題ですよね。上の登山道だって、当然どなたかの人の手で「ここはもう危ないからこっち側に道を作ろう」と作業してくださったわけですし。

山を守ってくださるすべての方々への感謝を忘れないようにしなければm(__)m

 

書とジオパーク。

当店のお客様による個展のお知らせです。

飯島町内で書道教室を営まれている藤井璃石さん。

書道もされつつジオパークに関わるお仕事もされていたというお話を以前お聞きしたことがあるのですが…(多才すぎて私も把握しきれておりません…)

なんと現在、風の谷絵本館さんにて〚書×ジオパーク展〛という面白い個展を開かれています。

f:id:hinemosk:20211011224534j:plain

f:id:hinemosk:20211011224524j:plain

ジオパークとは「地球・大地(ジオ:Geo)」と「公園(パーク:Park)」とを組み合わせた言葉。「大地の公園」を意味します。
地球を学び丸ごと楽しむことができる場所として、日本国内では44地域が日本ジオパークに認定されているとのこと。

風の谷絵本館さんの隠れ家的展示室にて、藤井さんの書とジオパークについてじっくり触れてみてはいかがでしょうか。

詳しくは↓

tasuki-shodo.my.coocan.jp

 

先日私たちも個展にお邪魔したのですが、そこで初めて知った衝撃の事実…

南アルプスは海の底が隆起することで形成された山岳なのですが、現在も年間4mmという世界でもトップレベルの速さで成長しているのだそうです…(・・;)山登りを始めた頃から南アルプスに心惹かれていた私ですが、恥ずかしながら全然知りませんでした。

そこでふと思い出したこと。

南アルプスといえばたくさんの崩壊地があり、以前から「どうしてこんなにあちこち崩れているんだろう」と気になっていたのです。

f:id:hinemosk:20211012125240j:plain

f:id:hinemosk:20211012125253j:plain

f:id:hinemosk:20211012125306j:plain

三伏峠烏帽子岳付近から撮影

この崩壊も、山が成長を続けていることで起こっているのですね。

謎が解けました。(もしかしたら皆さん既にご存じのことかもしれませんが…)

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

先程「南アルプスに心惹かれていた」と書きましたが、私たちはいまだに小河内岳より南に足を踏み入れたことがありません。荒川三山や赤石岳聖岳、光岳などなど。いつか長期の休みを取って歩きたいな~と、いつかのつもりでいたのですが…

数か所ある崩壊地、中でも一番恐ろしいといわれる【荒川大崩壊地】の最新情報を知りたくてヤマレコなどを見てみると、皆さん「ここは本当に緊張した」「疲労もあったから四つん這いで通過した」更には「来年はもう歩けないかもしれない」などなど書かれているのです。

「来年はもう…」のコメントについては大げさなんじゃないかな?と思ったけど、色々調べてみるとこの崩壊の進み方ではいつ登山道がなくなっても不思議じゃないんだな…きっと。

ならば行けるうちに行っておきたいなと思いまして、歩くならどんなコースで行こうかと考えている今日この頃です。

できれば鳥倉登山道から入山して荒川三山、赤石、聖と歩いて易老渡に下山したい(光はまだ別の機会に)。一般的ハイカーの私の足だと4泊5日くらいは必要かな。この場合、車は鳥倉と芝沢ゲートにそれぞれ置いておくつもり。

それとも二度に分けて鳥倉~荒川三山(行ければ赤石)、芝沢ゲート~聖、光を歩くか。←とはいえどちらもそれなりに日数はかかるなぁ。

 

少なくとも今年はもう行かないし来年だってどうかわからないけど、ついつい考え込んでしまいます(;'∀')まあ、みっちりとした計画とイメトレは大事ですからねぇ(と言い訳)。

長い道のりになるからちゃんと歩けるかというのもそうなのですが、やっぱり気になるのは崩壊地の通過…。実際に歩いたことのある方、いらっしゃいましたらどんなふうだったかぜひ教えてくださいませ~m(__)m

 

今週もくるみ拾い。

f:id:hinemosk:20211011225020j:image

今日も良い天気。

夏のような暑さの中、今週もくるみ拾いへ。

 

f:id:hinemosk:20211011225030j:image
f:id:hinemosk:20211011225036j:image

今年から来年の分、だいぶ拾えたかなぁ。

でももうちょっと拾っておかねば。

 

f:id:hinemosk:20211011225025j:image

お昼はベースキャンプさんで絶品スープカレーをいただき、帰宅前にはf:id:hinemosk:20211011225041j:image
田切の道の駅で栗ソフト。

…あれ?一応仕事なのに遊びの要素強め?

まあいっか、しっかり働くのも大事だけどおいしいものも必須なので。

明日は雨予報だからまた来週かな~。

 

霧の朝。

f:id:hinemosk:20211010233210j:image

辺り一面、霧が立ち込めていた今朝。


f:id:hinemosk:20211010233216j:image
また雲海の下になっているんだなぁ、きっと。

 

今週もたくさんのご来店誠にありがとうございました。お天気の良い日が続いていたのでおでかけの方も楽しめたのでは。日中は10月のわりに暑かったけども…(^^;

月火は定休日です。また水曜日からよろしくお願いします。

 

今朝の畑から。

昨日も今日も、朝はどんより曇り空。

でもだんだんと雲が取れてその後はすっかり青空に。というパターン。

雲海の下になっていたのかなぁ。

f:id:hinemosk:20211008221041j:plain

今朝。畑でネギを引っこ抜いていたら、ちょうどそこから見えた陣馬型山がきれいだったのでカメラを取りに戻りました(;'∀')←のんきなことをしているなぁ…

 

f:id:hinemosk:20211008221051j:plain

ズーーーム。

この週末もお天気良さそうですね。お出かけの方はどうぞお気をつけて!