ひねもすのたり。

日々と山と猫と蕎麦屋のこと。

お知らせ。

f:id:hinemosk:20201227143934j:plain 

 

※カレンダーに「下旬頃に臨時休業の可能性」とありますが、今のところ通常どおり営業する予定です。よろしくお願いいたします。

「お客様へのお願い」ご来店前にご確認くださいませ→

●所在地、電話番号などの店舗情報→

諸星大二郎展へ。

諸星作品のファン歴18年のわたくし。

先日、岡谷のイルフ童画館で開催中の『デビュー50周年記念 諸星大二郎展 異界への扉』に行ってまいりました。

この企画展の存在を知ったのは昨年秋。ちょうど北海道での展示がスタートした頃。北海道じゃあどう頑張っても行けないな…とガックリしたものの、よく確認してみると【1/24~3/13 イルフ童画館】の文字。

イルフってどこだっけ?多分だけど…長野県内だったような気がする…と震える手で検索すると…

 

お か や ! ! !(゜.゜)

 

↑あの時の衝撃は忘れられません。

さすが諸星作品の聖地、諏訪のご近所。よくぞ来てくださいました。

というわけでこの企画展を見ることを2021年最大の目標に掲げていた私は開催2日目の1/25に早速お伺いしたのでありました。

 

イルフ童画館と企画展の詳細はこちらから

企画展|武井武雄の世界 イルフ童画館 岡谷市

 

f:id:hinemosk:20210127181201j:plain

市営駐車場に車を停めてエレベーターを降りるとすでにポスターが。

これだけで感動していた私。現地に足を踏み入れたら鼻血出して倒れるんじゃないか?(と本気で心配したわ)

 

f:id:hinemosk:20210127181157j:plain

そして駐車場の目の前にあるのがイルフ童画館

 

f:id:hinemosk:20210127181214j:plain

う、うわああぁーーーー

 

f:id:hinemosk:20210127181217j:plain

で、出たァーーーーーーー

 

フワフワしながら中へ入ります。

体温測定をし(35.4℃だった…)、入館料をお支払いし、いざ展示室へ。

まだ二日目だし激混みだったらどうしよう!!??とものすごく心配だったのですが、オットからは「えっ諸星大二郎ってそんなにファンがたくさんいるの?」と衝撃の言葉が。い、いるわいッ!!ただちょっと局地的かもしれないけど・・・。

実際は、平日だしこのようなご時世ということもあってかとても空いていました。

同じフロアに私たちの他1~2名の方がぽつりぽつりいらしたような感じ。時間もまだ早かったからかな。

展示室ではたくさんの原画や資料などがびっしりと並べられ、目を皿のようにするとはこういうことかと思ったくらい至近距離でまじまじと長時間かけて眺めてしまいました。浦沢直樹の漫勉でも拝見したけど「こ、これが…これが…!!」と語彙力を失ってしまうほどの破壊力。

諸星先生って本当にちゃんとこの世にいらっしゃる実在の人物なんだよな…という妙な気持ちになるのですよ。勝手に自分の中で神様というか幻のような存在になってしまっていたので。はえー。

個人的には「闇の中の仮面の顔」に登場するトコイ…トコイ…の仮面が実際に存在し、しかもその実物が展示されていたのが衝撃でした。

バベルの図書館の絵や、レオ・レオーニの「平行植物」の絵も展示されていて嬉しかったなぁ。

考古学、民俗学、日本・西洋・中国の神話、SF、日常と非日常、アート。盛りだくさんの内容で頭が爆発しそうになった私を待ち受けていたものは・・・

 

f:id:hinemosk:20210127181211j:plain

ヒルコ様の顔はめ写真パネル出たーーーーーーー!!!

Twitterの公式アカウントで見て以来とても楽しみにしていたものです( ;∀;)

 

f:id:hinemosk:20210127181247j:plain

私ももちろん撮らせていただきました。

(と言いつつオットのをupするという)

 

f:id:hinemosk:20210127181250j:plain 

そしてこちらも忘れてはいけませんよ。キャラクターの人気投票!!!

ちゃんとキャラ早見表も置いてくださっていましたが、なんだかシュールですよねぇ…孔子暗黒伝の「視肉」とか袋の中の「そいつ」も書いてある。

無事に投票を済ませた私を見送ってくれるのが…

 

f:id:hinemosk:20210127181244j:plain

ムルムルたち\(^^)/

並んでムルムルダンスかね…また増えるぞ。

 

かなり長い時間をかけ展示を見終わり、一階へ。

そしてまたここで長考するという…。

(オットはおそらくすでに待ちくたびれている)

手ぬぐいで迷いTシャツで迷い、クリアファイルで迷う。

財力さえあったら全部買ってるよね、絶対。

 

そうそう、売り場の端のTシャツコーナーをウロウロしていた時、レジの向こうの絵本コーナーの更に向こうの壁になにやら妙なものが。あ、あれは…?

 

f:id:hinemosk:20210127181308j:plain

ぜず様だーーーーーーーーー

 

f:id:hinemosk:20210127181312j:plain

お会計を済ませ「お、奥の部屋も入っていいんですか」とお姉さんに訊ね「どうぞどうぞ」と言っていただきお邪魔します!

ぐろうりやのぜずさまと、わしもつれていってくだせごっこをしてきました…楽しかった…。

 

はあ…いろんな意味で気力を使い果たし真っ白になった私。

本当ならこのまま童画館を出るところですが、実は入り口にあるカフェでとんでもないものを発見してしまったのです。

 

f:id:hinemosk:20210127181305j:plain

暗黒星雲チーズケーキ!!!!

どなたですかこんなもの考えたのは!!(もう食べるしかない)

 

f:id:hinemosk:20210127181331j:plain

カフェ ラムラムさん。

面白い名前だなと思ったけど、岡谷出身の武井武雄さんによって書かれた童話に「ラムラム王」というのがあるのでそこから来ているのかぁ。

ところで「イルフ」という言葉も武井さんが創ったもので、「古い(ふるい)の反対」つまり「新しい」。だからイルフというのは新しいという意味なんですって。

なんとなくエルフに似た妖精さんのような何かかと勝手に思っていました。

 

f:id:hinemosk:20210127181334j:plain

暗黒星雲チーズケーキをオーダーし、しばし待つ…。

 

f:id:hinemosk:20210127181328j:plain

きたッ……

 

f:id:hinemosk:20210127181351j:plain

「すべてこれだったのか…?」

 

f:id:hinemosk:20210127181356j:plain

「この暗黒星雲は生きているのだ!」

 

ふー… ひと思いにバクっと食べたらとっても美味でした( ;∀;)

ただ名前や見た目が素晴らしいだけじゃない、おいしい、嬉しい。

 

f:id:hinemosk:20210127181348j:plain

オットはフレンチトーストとコーヒー。

こちらも美味!!オットはコーヒーもとっても気に入った様子。

次回も絶対寄ろう!!

そんなこんなでようやくイルフ童画館をあとにしたわけなのですが、あとになって考えてみるとこの「カフェに立ち寄ってチーズケーキを食べる」までツアーにしないとダメだなと思いました。

味やお店の雰囲気もさることながら、諸星大二郎展を見た後のぼんやりした感じを現実世界まで引きずらず、良い感じでクールダウンできるのですよ。どう考えても必要な時間だったな…。ごちそうさまでした。ありがとうございました。

 

 

帰宅後。

f:id:hinemosk:20210127181415j:plain

今日のブログまだ続きます。長くてスミマセン。

企画展パンフ、前期後期にわけて展示の有無が記載されている一覧表、ショップカードなどなど。

 

f:id:hinemosk:20210127181419j:plain

企画展パンフ裏。

 

f:id:hinemosk:20210127181412j:plain

そして清水ダイブして購入したグッズたち。

図録、クリアファイル(不安の立像、夢見る機械、猫パニック)、ムルムル手ぬぐい、カオカオ様マグカップ、カオカオ様Tシャツ、缶バッジ。

 

f:id:hinemosk:20210127181432j:plain

左の缶バッジは数種類あるんだけど中身がわからないので買ってからのお楽しみ。私はユニコーン狩りでした。右のマグカップ、カオカオ様はもちろん、反対側は…

f:id:hinemosk:20210127181435j:plain

「私」とシュムが描かれています。

このほか散々迷ったあげく結局買わなかったのがオオナムチTシャツ。

これは買うしかない!いやいや、一体これを着てどこへ行くんだ?いやいやそもそもこういうのはコレクターズグッズだから…、いやいやそんな着もしない服にバカスカお金を使える身分か? (._.)……

 

さて、今の展示は前期でして、後期は2/18からだそうです。

展示内容が替わるのでまた行かねば…!!

(オオナムチTシャツにまた出会えたら買っちゃうかもしれない)

 

長々とだらだらと書いてしまいましたが読んでくださった方ありがとうございました。諸星先生ファンの方はもちろん少しでも興味のある方はぜひ!もうこんな機会二度とないかもしれません( ノД`)

そして最後に(最後に書くことではないのだけど)諸星先生デビュー50周年本当におめでとうございます。たくさんの素晴らしい作品をありがとうございます。過去の作品もこれからの作品もずっと楽しませていただきます。

 

ごめん寝。

今日もお休みだったけど、家のことなどしていたらあっという間に終わってしまったなぁ。

 

そんな中でふと窓辺を見てみると…f:id:hinemosk:20210127002107j:image

ぽよ〜ん

 

なんと可愛い(おば馬鹿)こっこちゃんのごめん寝…!!!

このフォルム、ふわふわ具合、最高。

 

(結局昨日の話は書きそびれてしまいました…。明日こそ)

 

青空と異界。

f:id:hinemosk:20210125224254j:image

今日は久しぶりに青空。


f:id:hinemosk:20210125224302j:image

雲の上からひょっこり頭を出した仙丈。


f:id:hinemosk:20210125224311j:image

庭木の間からもこもこの里山


f:id:hinemosk:20210125224318j:image

陣馬形山ズーーーム。


f:id:hinemosk:20210125224325j:image

西の山はまだ少しどんより…


f:id:hinemosk:20210125224334j:image

でも北に向けて車を走らせていくうちに千畳敷のあたりが見えてきた!真っ白だ〜

 

そうそう今日は、待ちに待ったこちらにお邪魔してきました↓
f:id:hinemosk:20210125224339j:image
異界への扉…!!!
この状況では、県内(しかも比較的近場)でなければ諦めていたと思う(T_T)とはいえこの時期に遊びに出かけるのもどうかとは思ったけど…

結果、素晴らしかったです。

戦利品もあるので明日改めて書きます_(._.)_

おやすみなさい。

 

貫禄ねこ。

f:id:hinemosk:20210124215455j:plain

今週もありがとうございました。

さすがにこの頃はお客様が少ないもので(なんとかゼロじゃなくてよかった!という日々)、賄いは蕎麦をもりもりと。

 

f:id:hinemosk:20210124215501j:plain

オット、近々また挽き方を変えようかなと言うとります。

またご案内しますね。

 

ふと猫部屋に目を向けると・・・

f:id:hinemosk:20210124215513j:plain

「きょうもごくろう」

なんだろう、この貫禄は・・・。

 

f:id:hinemosk:20210124215554j:plain

 

f:id:hinemosk:20210124215527j:plain

時々、このひとは本当に猫なんだろうかと思うことがあります。

言葉が通じそう。そしてなにか喋り出しそう。

 

f:id:hinemosk:20210124215524j:plain

「来週もよろしくお願いします」

 

月火は定休日です。

また水曜日からお待ちしております\(^^)/

 

最近のダーニング。

昨日投稿したダーニング記事に関連して…

f:id:hinemosk:20210123133552j:plain

最近もせっせと繕っていますよ\(^^)/

今回は穴があいてしまったというよりも、長年使い続けて布地が薄くなってしまったところの補修を主にしています。

 

f:id:hinemosk:20210123133615j:plain

布地が薄くなったところはこういう刺繍のようなやり方(ハニカムダーニングというらしいのだけど)が良いとのこと。YouTubeを見ながら早速やってみたけど、これで合ってるんだか(;'∀')

それにしても。このエプロンもう6年以上愛用していてあちこち布地が薄くなりつつあるからそのうち全身ダーニング模様になっちゃうんじゃなかろうかと不安。そうなったらとっとと買い替えて、模様だらけになった方は完全に部屋着にしようかな…。

 

f:id:hinemosk:20210123133555j:plain

それ以外は、前にふさいだ部分の周りを追加で繕ったり。

(まるで増築のようにどんどん縫い足していくので変な形…。)

繕ったところの周りをチェーンステッチなどでぐるりと囲むと補強にもなるし見栄えもいいとネットで見たのでそれをまねしたり。

 

f:id:hinemosk:20210123133610j:plain

 

f:id:hinemosk:20210123133625j:plain

色は特に考えず適当に…。

 

f:id:hinemosk:20210123133628j:plain

縫い目が弱くなっている部分にも適当にステッチ。

 

f:id:hinemosk:20210123223902j:plain

ついでにニットも。(毛玉がいっぱいなのは見逃していただいて)

大き目の穴は普通のダーニングでいいけど、小さくぽつぽつ空いた穴をひとつずつ縦横縦横でふさぐのは結構めんどう…なのでハニカムダーニングの超ミニ版で埋めたらなんだか星のようになりました。

 

f:id:hinemosk:20210123223910j:plain

花火のように見えなくもない。

そんな最近のお繕いでした。やっぱりとても楽しい\(^^)/

ダーニングのこと。

※実はこの記事、昨年の夏に書いたもののなぜか下書き保存したままになっていたものです。改めて書き直して投稿します(;'∀')
 
 
以前、ダーニングをやってみたという記事を書きました↓
この頃はちゃんとした道具を買いそろえていなかったので、家にあったガチャガチャの空き容器を代用品として使っていました。
するとこの記事を見てくださった常連様から、ダーニング用品一式を頂戴いたしまして(感涙)
 
 
メインのダーニングマッシュルームの他、針やゴムなどのセット。
プレゼントとしての嬉しさとお気持ちの嬉しさ。本当にありがとうございます(T_T)
最近の暇な時間を利用して、盛大に穴が開いた靴下を補修すべくちくちくとやっておりました。
上の画像、白い四角は以前繕ったところなのですがその周りが薄くなっていたので黒い刺繍糸で補修(赤い丸のところ)。
やはり専用の道具は素晴らしく使いやすい!!ガチャガチャ容器とは雲泥の差です。
気分で他の色も使ってみる。
色のまとまりのなさにびっくり・・・いやそれ以前にこんなに繕うべき部分があったことにびっくり( ゚Д゚)広範囲に渡って生地が薄くなっていたからなぁ。もはやとっとと靴下を買い替えた方が早いレベル。
でも私にとってダーニングの作業は「生地の補修」という目的だけではなく「作業の楽しさ」が強いのでありまして・・・まさに趣味と実用を兼ねているのです。ちくちくとやっているとつい時間を忘れます。とても楽しい。
今回は、こんなのも。
↑綿の手袋
洗い物をするときに使うゴム手袋で湿疹ができてしまったことがあるので、まず綿の手袋をしてからゴム手袋をするようにしています。その綿の手袋の指先がだいぶくたびれていたので、補修してみることにしました。
親指の部分は、ダーニングマッシュルームの柄を差し込めばOK。
柄が入らない他の指は・・・
そこらにあった油性マジックを使いました(;'∀')
こんな感じ。
ついでに薄くなっていた指の股部分も。
見た目がなんだか妙だけど(白い糸を使ったせいか余計に)、着用してみると違和感なし!
これで自分のものは補修完了かなぁ・・・さみしいな・・・
そういえばオットがはいていた靴下で「穴だらけになっちゃったから掃除にでも使って~」と言っていたのがあったなぁ・・・。
私の趣味要員に引っ張り出してこようかしら。